海 酔
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
海酔お魚辞典NO.114

海酔お魚辞典 「ハナダイ」

海酔ご近所にお住まいのゴーンちゃんから
頂いたハナダイ
大漁・大漁〜ゴーンちゃんが海で活躍する
ハナダイの季節になりました

エラブタの縁にある血が滲んだような濃赤色の
お印がハナダイのトレードマーク
骨が硬い真鯛に比べて
それ程骨はあまり硬くない
透明感のある上質の白身で
熱を通しても硬く締まらない身です
刺身でも 煮ても焼いても美味しいです
さぁ〜 どぅ調理しようかな〜?

ゴーンちゃんいつもありがとうございます
又、頑張って釣って来てねぇ〜

JUGEMテーマ:浦安


JUGEMテーマ:磯釣り



海酔お魚辞典NO.112

パール号 ユア〜ちゃんが釣り上げた
正真正銘の ”天然ブリ”
身体全体も口元もしっかり締まり
いかにも筋肉質っぽい

天然ブリと養殖ブリを比べられますが
技術の発展によって味や身質をコントロール
された養殖ブリには無い
アッサリとした脂ぽさが好きです
刺身と西京味噌焼きにして頂きました
ユア〜ちゃん 又、頑張ってね!

JUGEMテーマ:浦安


JUGEMテーマ:磯釣り



海酔お魚辞典NO.111


今夜のおススメ ≪生メヒカリ焼き ¥600≫

新鮮な生メヒカリが入荷しました
味見したところ〜とっても美味です!
白身で淡泊な味と思いきや
まるで一夜干し 味をギューと凝縮した様な美味しさです
生はあまり流通していないので
是非召し上がって頂きたい一品です

深海性の海水魚で
水深150mから600m位の深い海が好きな魚らしく
名前のごとく 澄んだ目が特徴なキレイな魚です

JUGEMテーマ:浦安


JUGEMテーマ:名物グルメ



海酔お魚辞典NO.110



≪ノドグロ≫
正式名称は”赤ムツ”
名の通りの赤く深海に住む大きな目玉が特徴的です
通称として呼ばれている”ノドグロ”とは
口の中を覗くと 真っ黒だから…
しかし〜エラの中や腹の中まで
黒い薄皮があり
 ”腹グロ”or ”内臓グロ”でもあります!
この名では 売れないもんなぁ〜

赤いダイヤとも、泳ぐ松坂牛とも言われる位の
希少な高級魚で 特に今の寒い季節の
脂のノリは最高です

さぁ〜この高級魚どう調理しようかな?

JUGEMテーマ:浦安


JUGEMテーマ:磯釣り



海酔お魚辞典NO.109

yu〜aちゃんが真鯛狙いのはずが
偶然吊り上げちゃった 『 ブリ 』

大衆魚の青魚三兄弟と言えば
「イワシ」「サバ」「サンマ」

高級魚青魚ご三家と言えば
「ブリ」「ヒラマサ」「カンパチ」
中でも一番なじみ深い「ブリ」
yu〜aちゃんが釣ったのは
90僉、誉気靴 「ブリ」です!
大きさによって呼び名が変化する
出世魚で
関東では稚魚の頃はモジャコ→
ワカシ(35cm以下)→イナダ(35-60cm)→
ワラサ(60-80cm)→そして80儖幣紊
「ブリ」と呼びます
立派な「ブリ」になるには4年以上かかるんだそぅです

yu〜aちゃん ありがとうございました

JUGEMテーマ:磯釣り


JUGEMテーマ:浦安



海酔お魚辞典NO.108


海酔お魚辞典 『メヒカリ』

メヒカリは流通名で
本名はアオメエソやマルアオメエソ
手のひらサイズで体の割合には
大きいサイズのグリーンに輝く目玉が特徴
水深150mから600m程の場所がすみかで
脂がのったふわっとした白身 
お馴染みシシャモに似ていますが
骨が柔らかく頭からガブリっといけちゃう
とっても美味しい魚なので
皆さんに知って頂きたい

「メヒカリ焼き ¥600」

JUGEMテーマ:浦安



海酔お魚辞典NO.107

真蛸の吸盤のオスとメスの違い

今週東京湾で釣り上げた真蛸
吸盤の並び方をよ〜く見ると
比較的小さく同じ大きさの吸盤が
キチンと2列に整然と並んでいる個体と
大小さまざまな大きの吸盤が
雑然と並んでいる個体がある

写真の吸盤は まばらなので⇒オスの真蛸です

メスの方が繊維が細かくやわらかい
弾力性のあるオスの方が食べ応えがあるといいます
これは 各自のお好みですねっ!

【江戸前真蛸 ¥600】

JUGEMテーマ:浦安


JUGEMテーマ:磯釣り



海酔お魚辞典NO.106

海酔お魚辞典 「青ソイ」

アオちゃんが北海道で釣り上げ大事に
持ってきてもらいました
関東に住んでいる身としては
聞き馴染みのない魚です
フサカサゴ科に属し深海の岩礁帯に生息
別名「クロメヌケ」
ぬめりが凄い!〜けど
脂がのってて煮つけで美味しく頂きました

JUGEMテーマ:磯釣り



海酔お魚辞典NO.105

海酔お魚辞典 柳の舞(ヤナギノマイ)

初めて見る 何だか米か料亭みたいな
高級感ある名前!
北海道釣り旅の”あお君”から頂きました

東北地方から北海道の
日本海側に生息するメバルの仲間で
太平洋側には殆ど居ないみたい
北国を代表する総菜魚だそぅです

魚全体が ぬめ〜ぇ〜〜 ってしてます
水洗いしてから ”the煮つけ”にしました
淡白なクセのない美味しい魚ですねぇ^^)

JUGEMテーマ:浦安


JUGEMテーマ:磯釣り



海酔お魚辞典NO.104

ユアちゃんのパール号〜出船!

大漁!大漁! 大量の鯵にワラサにカサゴ…
よっ!ユアちゃん名漁師!名人芸👏
暑い厚い日差しの中〜お疲れ様でした!

海酔お魚辞典【カサゴ】

生息地〜日本全国のため 沢山の別名をもつ
頭でっかちでトゲトゲの怪異な姿からでしょうか?
ボッコ、ガガネ、ガシラ、ガンガラ、シャシャコ、ゴッチョオ…
中でも一番可哀想な名前は
”アンポンタン”
釣り上げられると…
水圧の変化で目玉が飛び出し
口を開けて胃袋がべぇーってしてるから…
”アンポンタン”とは(>_<)
んんん〜お気の毒!
しかし〜味は絶品!締まった白身で
こってり煮付けが最高に美味しいです

【カサゴの煮つけ ¥800】

JUGEMテーマ:磯釣り